2020年02月


お久しぶりです。佐藤です。

とある休日のお話をさせていただきます。

先日、人生で初めての山口県へ旅に出かけました。

某金曜日の仕事終わり。
家に帰りご飯を食べてお風呂に入りそのまま準備をして仮眠1時間。
日付が変わり、土曜日の深夜3時に出発です。


0~4時までの間に高速道路に乗ると深夜割引があるため
睡眠時間をけずってまでいかに安く行けるか。学生のような気分でした(笑)

名古屋から山口までは車で向かいます。


走行中は暗いので景色は見られず、広島あたりでようやく太陽の光が差し込みました。

image0


名古屋を出発して約8時間で山口県に到着です!

※ちなみに、何を食べるかどこに行くか何も決めていません※


地元の方からふぐと瓦そばがおすすめという情報をいただき
早速、行ってきました。

image02


お昼から贅沢にふぐを!!
とらふぐのてっさ、ふぐの天ぷら、ふぐ飯、ふぐ汁、、、
これでもかというくらいに堪能しました!!



そして近くの赤間神宮に立ち寄り、、、

image01

夜ご飯は地元の方に教えていただいた
元祖 瓦そば「たかせ」というお店へ行ってきました。

image1


人生初めての瓦そば、私は抹茶が苦手ですが抹茶そばはとても美味しかったです。

お会計を済ませ、お店の方とお話していると
帰りの車で食べて!とお菓子をいただきました!!!

山口の方は本当に親切な方ばかりで、必ずまた訪れたいです。


そのまま名古屋へ。弾丸、無計画、日帰り旅行でした(^^)



おひさしぶりです。高橋です。

最近ずいぶん冷え込みますけど、陽射しの温かな日
イチゴ狩り&バーベキューに行ってきました!


場所は山の中
ひっそり営業しているかと思ったら、通り沿いに旗まで掲げ
結構な賑わい、結構なビニールハウス軒数
これは安心してイチゴを[たらふく]食べられそうです。

ビニールハウスの中で育ったイチゴ
ご覧の通り赤々と(まだ緑もありますけど)甘くなっておりました。

1


宣言とおり[たらふく] 80個いただきました。
以前には100個を超えたこともあるのに、少食になったものです。



イチゴで栄養を補った勢いそのままに移動

場所は変わって海の近く
イチゴはデザート、昼食はバーベキューと順番が逆ではありますが
流れを大切に「赤」繋がりでエビ・タコ・サカナと揃えてみました。
あ、炭火も「赤」ですね。

2


バーベキューおいしいですよね
みなさん好きですか?
ついつい食べ過ぎたり、焼きすぎたり、火が大きくなっちゃたり
そんなこんなも含めて楽しいですよね。

これまた楽しい時間のなか[たらふく]食べまして
ずっと満腹状態


朝から昼過ぎまで食べてばかりの一日でしたが
休日らしい休日でリフレッシュ出来ました!
それでは、また!

お久しぶりです、居石です。

今日のお昼、なんだかカレーが食べたいなぁと。
それもCoCo壱とかのカレーじゃなく、
『スパイスめっちゃ使ってます⭐︎彩り最高!インスタ映え間違いなし☆★』なカレーが食べたいなぁと。

なので久しぶりに行ってきました。
梅田は中崎町。

遥か昔の大学生時代、おしゃれぶって通ってた中崎町の古着屋さん。

懐かしみつつ、プラプラ歩いて見つけてみました

E6DA9572-DEAE-4607-943D-4E4D4A37CF0A


思った通りのカレー、、!!
焼きチーズに彩り野菜で100点満点の映え方。
そしてお味の方も、スパイスが効いてて本当に美味しかったです。

お店の名前は忘れてしまったのですが、
中崎町の大きな古着屋さんの角を右に曲がって高架下を右に入れば左側にあります。

気になる方は一緒にいきましょう。

お久しぶりです。井上です。
遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します!

せっかくなので、お正月の話をします。
私事ですが、昨年結婚し、初めてのお正月を迎えました。
恥ずかしながら、結婚するまで実家住まいでしたので、
帰省するという体験がなく、電車で30分の実家に帰省する
だけにも関わらずワクワクしていました、、笑。
年末のあの忙しい雰囲気、私は凄く好きです。

私の地元では、元旦になると、家の一件一件を獅子舞が来て、玄関先で獅子舞を披露してくれます。
小さい頃は、獅子舞が怖くて、顔が引きつっていましたが、これを見ると、新しい年を迎えられた事を実感します。
東京と言えど、しっかりと昔からの風習や伝統が残っているのは良いなと思います。


私は、昨年、入籍、結婚式、ハネムーンと、怒涛の一年で、
かなりハードでしたので、今年は穏やかにゆっくりとした一年を過ごして行けたらと思います。

皆さんは、2020年はどんな年にしたいですか?


BE26AA04-A84A-40A9-A09E-70204B62186F

本年も、どうぞよろしくお願いします。

とか昨年末の話をしたいのですが、もう2月ですか。
すみません、東京のKです。

今回は、わが家の旅行の話を通じて、あるテーマパークのことを知ってもらいます。
もう ○ゴランド には行けない!


年末の帰省の前に、わが家にしては珍しく旅行してきました。
ちょっとカルイザワにね!!

群馬県嬬恋村という軽井沢にね。

軽井沢駅から直通送迎バスで50分ほど運ばれた嬬恋村に
・テーマパーク「軽井沢おもちゃ王国」(以下「王国」)
と、
・その近所に「HGP軽井沢」なるホテル(以下「宿」)
のある広い敷地が現れます。
今回は雪道が多く、バスは慎重な運転を強いられて75分かかりました。まあ山ですからね。
そして徒歩5分ほどの 宿─王国 間を定期便のバスが循環しているなど、そんな、王国で遊ぶしか過ごし方のない宿に2泊してきました。

この宿は子供連れ家庭に標的を絞った施設で、わが家も4年前(娘が保育園の1歳児クラスへ入る直前)以来の2回目、HGPグループでいうと4回目、なかなかのリピータです。ベビー対応の良さを機に信頼して以来、かなり囲い込まれてしまいました。
何より、朝食夕食は食べ放題ですからね。もう、ここぞとばかりに・・

さて、1泊して2日目、王国で一日中過ごしました。さあ、
見て、触れて、体験できる「おもちゃのテーマパーク」軽井沢おもちゃ王国
ですよ(↑ウェブページタイトルより)

まあね、おもちゃのいっぱい用意された部屋とかも良いんですけどね、入場口近くから迎えてくれるダイヤブロックの像たちに今回も感心。

00

01

これ、もっとアピールしたら良いのにね、王国。
やっぱダイヤブロックすよね!私レ○とかニガテなんすよ、なんかブルジョア感が。

さて、子の装備でわかる通り、雪遊びの為に王国へ来たわけで。
まず雪ゾリのレーンの設けられた小山(名称失念)で30分くらい遊んで、午後はおもちゃ部屋で、閉園の16時まで遊ばせて宿へ帰りました。
子は雪遊びできれば何でも良かったようで、軽井沢駅や宿の周りに積もる雪をいじっている時点でだいたい満足してまして。
雪いじりだけの雪遊び時間をもっととってあげたかったな、とか思っていたんですよ。このときは。呑気にも。

さて2泊の明けた帰り。もう帰るだけです。
宿から軽井沢駅への直通送迎バスを経て新幹線で埼玉へ、という安定のルートは、
宿予約後のバス予約の時点で「目的のバス便が満席」と判って不可能に。
HGPに繁忙があったなんて・・などと言いながら事前に見つけた「軽井沢迂回」シナリオがこれでした。
02
  1. タクシーで吾妻線「長野原草津口」駅(軽井沢駅よりは近い)へ。宿の送迎バスも有料なので大差ない。
  2. 特急草津で大宮へ(あとは普通に埼京線とか)。
しかし、宿のチェックイン時に衝撃の事実・・「タクシーなら尽きてます」と。ああ陸の孤島だったねここ。
とにかく ↑1 はできない。2泊目の晩まで必死に調べ考え、そして見つけました。長野原草津口駅へ至る方法・・
  1. 大きな荷物は連休最終日着指定で自宅へ郵送しておく。
  2. 路線バスで吾妻線「万座・鹿沢口」駅へ。
  3. 吾妻線で長野原草津口へ。
  4. 特急草津で大宮へ(あとは普通に埼京線とか)。
まず宿や王国から徒歩10分程度という「1」の停留所を目指します。
なかなかの降雪は宅配へ分けたとはいえ少ないわけでもない、子は抱っこ、という状態で雪踏みしめて歩き続け、若干道に迷いながらも、雪に埋もれかけている停留所を見つけました。
しかしバスがなかなか来ない・・来ない・・
おかげで新鮮な雪いっぱいの中、子は雪遊びをたくさんできました
1時間くらい経ったか、命の危機を感じ始めた頃、バスは来ました。道路の上流で事故があったとかで。乗ってからは順調に進み、目的である万座・鹿沢口駅へ着きました。

吾妻線は台風19号の傷跡未だ癒えぬ路線、この「2」の在来線というのは振替輸送バスです。
ああ、だからタクシーで長野原草津口を目指す計画だったのに・・
路線バス到着から1時間ほど無人駅「万座・鹿沢口」で待ったのち別のバスへ。
JRの管轄だからなのか、バスだというのに出発も到着も公言通りの時刻なのは感心しました。

さて「3」の特急電車ですが、こんな経緯で辿りついていますから、指定席の買ってあった便なんて当然のように間に合っていませんよ・・
しかし自由席となったことで逆に、親子3人、1席ずつ占めて利用させていただきました。
まあ「同伴の子供分」料金に関して、いろいろ妙なルールがありましてね・・

そんな、帰路で思いがけぬ冒険をしてしまったというお話でした。

↑このページのトップヘ